冬至

北国の冬は長い。 よく言われることであり、その通りでもあるが、 北国に長く暮らすようになって毎年思うことだが、 冬至を過ぎれば日照時間は確実に長くなってくる。じつは春への助走はこの日から始まるといっても間違いではないと考えることにしている。 梅雨から夏の盛りに暑い暑いと嘆きつつ気忙しさに気にもかけずにいる間に夏至が過ぎており、「ああ、陽も短くなってきているなあ~」、ふとそんなことを思い、一抹のわびしさを感じるのも例年のこと。 確かに年が明けてからが本格的な冬将軍の到来であり、この先小寒から大寒がひかえてはいるが、しかしそんな中でも確実に日照時間は伸び続けている。大寒の後にはもう立春。 歯の根もあわないようなしばれる日々も過ぎてしまえばじつはあっという間のことだ。 せいぜい一年に一度の白い世界を丸ごと味わうことにしたい。

キープオン・モチベーション

今年も残すとこあとわずか、起承転結の結の時期になってしまったが、毎年のようにこの時期は来年に向けての新作やこれまで漠然としていたイメージを形にすべく実験的製作に時間と労力を費やす。在庫の補充分を作りつつ、あたらしいものの実験を繰り返している。 「結」というよりは新しいやる気を自ら奮い起こさせる「起」の時期。 トイレの今月のカレンダーには「エンジン あのねえ 自分にエンジンをかけるのは 自分自身だからね・・・みつを」とある。

最新記事
アーカイブ
  • Facebook Social Icon

当サイトの画像及び文章等は他への転用を固くお断りいたします