久し振りに読み返す

久し振りに読み返す 「新しい天体」 開高健 著 圧倒的な比喩表現や洞察。こちらの腹がよじれるように旨そうな文章。数十年前、既にエンターテイメントとしての食を文章表現し尽している。 十代半ば、初めて読んだ時にはおどろいた。食べ物や飲み食いすることがこんなにも官能的に表現できるのだと。そして作品の核となる部分は現代の我々にも生々しく実感できるように思う。 以下、作品本文中より ついに至純至高のご馳走があった。それが新しい天体の発見よりも人類の幸福にとって重要であり、不可欠であると全身の細胞がどよめいて叫ぶご馳走があった。 「水だよ、水だよ、ただの水だよ!」 そうなのだ。 それすらがないのだ。 水がもうわからないのだ。 「新しい天体」より

最新記事
アーカイブ
  • Facebook Social Icon

当サイトの画像及び文章等は他への転用を固くお断りいたします